株式会社サンデリカ | SunDelica

  • 採用情報
  • 会社情報
  • 事業紹介
  • 食品衛生
  • 品質管理
  • 製品開発
  • 新製品情報
  • 弊社の取組み

弊社の取組み

TOP > 弊社の取組み > 環境対策

環境対策

さまざまな取り組みをおこなうことで、環境へ配慮いたしております。

サンデリカでは、平成15年7月の山崎製パン(株)クールデリカ事業本部との事業統合を機会として、各部門での業務改善を図っておりますが、その一環として調・米・惣部門では全26事業所(工場)及び関係会社1社において、CSR(企業の社会的責任)としての環境対策を推進しております。

野田事業所が「ゼロエミッション(ごみゼロ)」を達成

  • 野田事業所が「ゼロエミッション(ごみゼロ)」を達成 イメージ
  • 平成16年5月度をもって、当社野田事業所が「ゼロエミッション」を達成することができました。野田事業所は、食品リサイクル法への対応を契機とし、サンデリカにおける環境対策モデル事業所として位置づけ、「混ぜればゴミ、分ければ資源」という基本理念のもと、パートさんを中心とする現場の従業員による排出物の徹底した分別を図るとともに、処理委託業者各社のご協力をいただき適切な再生処理の実現に至ったものであります。

食品リサイクル

食品リサイクルは「食を大切にする」という食育としての側面もあり、「もったいない」という感性で食料資源を無駄なく使うことは食に携わる企業の責任であると当社は考えます。全事業所において、食品残さを中心に産業廃棄物の処理手法としての単なる焼却処理を極力取り止め、その立地に合った各種再生処理を選択することにより、環境負荷の低減を目指しております。現在 調・米・惣部門における26事業所及び関係会社1社から月間約1,100tの食品残さが発生しておりますが、その98%を飼料化を最優先にリサイクルしており、今後も食品リサイクル率100%を目指すとともに発生抑制の強化やリサイクルループの構築にも努めてまいります。

「飼料化」によるリサイクルループ

「飼料化」によるリサイクルループ 図

※山崎製パン(株):名古屋工場、安城工場、浜松工場、(株)サンデリカ:名古屋事業所、浜松事業所、北陸事業所

エコフィードと「エコフィード認証制度」

低迷を続ける食料自給率と同様に飼料自給率の向上も重要な政策課題となっており、食品循環資源を利用した飼料を「エコフィード」と呼び、2007年に「全国食品残さ飼料化行動会議」が設置され、「エコフィード」の利用拡大の施策が進められてきました。2009年3月には、飼料化に関連する事業と飼料化の工程管理等について、一定の基準を満たした飼料を「認証エコフィード」として認証する制度が始まりました。東海地区にある山崎パングループ工場から発生する食品循環資源を原料に使用する飼料加工業者の飼料が全国に先がけ、「認証エコフィード」の第1号となりました。

フジ商事の皆様 写真

「私たち(有)フジ商事では、食品循環資源を原料に飼料加工業を行っており、エコフィード製造に以前より取り組んでいました。パン類を原料にした飼料は、高品質の飼料として畜産家の皆様には従来よりご利用いただいていましたが、エコフィードの認証がその品質と安全性を保証し、多くの皆様に使いやすい飼料として一層の普及がすすみ、飼料自給率の向上に少しでも役立てればと考えています。」

有限会社 フジ商事 代表取締役 伊藤高信さん

[実施例](登録再生利用事業者を中心に委託しております) (敬称略)

  • 飼料(乾燥) 化(有)フジ商事
  • 肥料(たい肥)化 あさひな農業協同組合 オーガニックプラント
  • 油脂及び油脂製品化 (株)吉川油脂

山崎製パン

All rights reserved, Copyright(C) SUNDELICA. CO.,LTD.