サンデリカでは人材=人財(人は財産である)とし、入社年次に応じた階層別研修や各部署の専門性を高める研修を積極的に行うことで、人を大切にした組織づくりを目指しています。

大卒新入社員は希望職種との適性や会社の経営方針を理解して頂くため、最初の半年間は全国の事業所で生産実習(現場実習)を行い、半年後に配属事業所・部署を決定する体制を取っています。入社3年目までを第1ステップとして育成フォローし、将来の幹部候補として会社を牽引する人財の育成に努めています。

新入社員研修

同期入社社員全員が一堂に会する研修です。
社会人としての心構えといった基本を学ぶところからスタートします。各部門からの講話の他にグループワークがあり、コミュニケーションを図ることでお互いを理解し、同期の絆を深める研修内容となっています。入社後、一番最初にうける研修であり、研修に併せて入社式も執り行われます。

大卒3ヶ月フォロー研修

入社以来生産実習(現場実習)を行い、3ヶ月経った後で仕事の振り返りを行います。実習内容の確認から先輩社員との座談会など情報交換を行うことで同期意識を高め、更に自己啓発と働く意欲の向上を目指しています。

大卒半年フォロー研修

入社から半年間を振り返るとともに、自分の将来像の明確化を図ります。正式に決定した配属事業所および部署への決意表明などを行い、モチベーションアップに繋げています。

大卒2年目3年目研修

社員としての成長度の確認や目標設定を行います。様々な部署で働く同期同士が久しぶりに顔を合わせる貴重な機会であり、お互いに抱えている職場での問題点や悩みなどを共有し合うことで刺激を受け、更なるステップアップをめざしていきます。

社員5S研修(一般社員・主任)

「気づき」をテーマに一般職と主任の社員に実施しています。現場巡回を行い、現場を見る目を訓練するとともに、その結果をどう改善に繋げるかをグループで話し合い、発表していきます。また、社員としての役割・立場や5Sに対する考え方を深めていきます。

監督職(係長・主任)研修

次期管理職として期待される監督職昇進者を中心に行っています。監督職としての役割と責任の認識・職務を遂行する上で、不可欠な知識の習得・職場の活性化を図るための実践能力を向上させる内容となっています。

管理職(課長)研修

管理職昇進者に対して行われるものです。
管理職としての役割認識・役割を遂行する上で不可欠な知識の習得・経営意識の醸成等を培っていくことで、レベルの底上げを行い、組織強化を進めていきます。

SPWセミナー(管理職以上)

毎週1回管理職以上の者を対象に行っています。コンサルタントの講師指導のもと職場巡回を行い、全員参加の本物の5Sを基軸に職場に存在するあらゆるムリ・ムラ・ムダを取り除くサンデリカ生産方式による職場の改善・改革運動を実施しています。また分科会実施により事務所の改善・改革目標を明確にしていきます。この活動は取り組みから8年目になり、「働きがい、生きがいをもてる職場づくり」を目指しています。

All rights reserved, Copyright(C) SUNDELICA. CO.,LTD.

 Recruit Site 株式会社サンデリカ