工務課では、工場の設備(空調・電気・水など)や生産に関わる機械を見ています。その中で私は、生産に関わる機械を中心に見ており、機械のメンテナンスはもちろんですが、現場のパートさんとコミュニケーションを図り、日々働きやすい環境づくりを考えています。また、新しい機械の導入にも携わったりもします。仕事内容が毎日変わるので覚えることが多く大変ですが、自分のアイデアを形にすることができ、それが生産効率を上げることに繋げられたり、また作業改善により現場の方に喜んでもらえたりと成果が目に見えるので、「がんばろう!」と思える仕事です。

8:00 出社

私は基本的にはこの時間に出社します。しかし、工務課の仕事は、生産ラインが止まっている時の活動が多くなるので、昼勤と夜勤の切り替え時間に予定が入っていれば臨機応変に出社時間をずらして対応しています。

8:15 ミーティング

工務課で集まりミーティングを行います。内容は、夜勤の方からの報告、また前日に行った作業や各自のスケジュール確認等を行っております。ここでは、内容を理解・把握しなければならないので、メモを取り、質問をすることを心掛けています。

9:00 機械のメンテナンス

「メンテナンスボード」と呼ばれるものを現場に置いており、現場の方が困っている事やこうして欲しいといったことが書かれてあるので確認します。書いてある内容を実際に自分の目で確かめ、どのように改善を進めていくか等、現場の方と話し合いながら考えていきます。

10:00 作業内容の確認と準備

作業内容を整理し、作業計画を立てます。ここで、私一人では出来ない事・分からない事があれば先輩に報告・相談をします。
その後、必要な部品等を準備します。

11:00 修理・メンテナンス

休憩に入ったラインから順次修理を始めます。限られた時間の中での作業になるので要領よく進めていく必要があります。

13:00 昼食

昼食はいつも会社の食堂で頂いています。安くておいしい、さらに栄養満点なので、1人暮らしの私にとって大切な栄養源にさせて頂いています。

14:30 部品の整備・発注と伝票整理

交換した部品を整備し、発注を行い、次の交換の時に備えます。その後、以前に発注した部品などの伝票を整理します。

16:00 ものづくり

業者さんに依頼したり、簡単なものなら自分で作ってみたりとアイデアを形にします。

18:00 日誌作成・退社

今日1日行ったことを日誌に記入し、工務課全員で情報の共有を行っています。帰宅後は自分で夕食を作ります。作るといっても簡単な鍋料理が多いです。冷蔵庫の中は鍋スープが大量にあります。(笑)

買い物や、趣味のフットサルをして楽しんでいます。

私が考えて作ったものが作業改善になったり、製品の質や作業効率が少し上がったりします。そんな時、小さいことでも現場の方から「使いやすいよ」「前よりきれいに作れるよ」といった言葉を直接頂ける時にやりがいを感じます。そして、もっと良いものを作りたい、とモチベーションも上がります。

機械にトラブルが起こった時です。機械にトラブルが起こればすぐに駆け付け修理を行います。機械が止まると生産が止まることもあるので、素早く対応しなければなりません。しかし、私はまだまだ経験が浅く、先輩方に頼っているところが多いので、失敗を恐れずチャレンジすることで私が頼られる存在になりたいと考えています。

色々なアイデアを考えてどんどんチャレンジすることで、誰もが安全・安心・安定した職場づくりを進めていくことです。そして、全国どこの事業所へ行っても活躍出来るように日々勉強し、将来は私が工務課を引っ張っていけるような存在になりたいです。

このページの先頭へ戻る

All rights reserved, Copyright(C) SUNDELICA. CO.,LTD.

 Recruit Site 株式会社サンデリカ